カナガンドックフード 食べないという人への助言

 

カナガンドックフード 食べない

 

目の肥えた愛犬家に多く支持されているカナガンドックフード。

 

ドックフードをカナガンに変えてから、

「モリモリ食べるようになった」

「以前より、体調が良くなった」

と喜びの声が多く聞かれるイギリス生まれのドックフードです。

 

 

そんなカナガンドックフードの口コミを調査していると

「食べない」「残す」といった悪い口コミがあることに気づきます。

 

 

カナガンドックフード食べないという口コミ

 

 

 

カナガンドックフード 食べない

広告の歌い文句に騙され購入

 

カナガンドックフードの広告の歌い文句に騙され購入。

食い付きが、良くなる!100パーセントのワンちゃんが食べるなど、ありましたが。全く食べず。匂いを嗅ぐだけでまったく食べません。

 

 

カナガンドックフード ステマ

全く見向きもせず

 

うちのチワワも全く見向きもせず、最初は少量から以前のフードに混ぜましたが以前のフードが全く匂いが無いので、匂いがだめなのかまったく食べてくれず。

 

細かくしてあげたり、柔らかくしたりと試行錯誤してみましたが一口も口をつけることはありませんでした。

100%の食い付きというのはさすがに誇大広告すぎるでしょう。

 

 

このようにカナガンドックフードの口コミを調査してみると結構悪評があるんですね。

 

 

そこで考えてみましょうか?

どうしてこれらの購入者の愛犬はカナガンドックフードを食べなかったのか?

 

 

 

カナガンドックフードを食べない理由

 

 

理由1 餌の切り替え方が悪い

カナガンを与える前のドックフードが何を与えていたかにもよりますが

おそらく穀物が原料のドックフードのはず。

 

カナガンの原料はチキン、つまり鶏肉です。

穀物であるドックフードから肉が原料のドックフードに切り替えるとどうしても最初のうちはとまどってしまうんです。

 

人間でも同じですよね?

つまり、しばらくの期間餌の切り替えの時間が必要なんです。

 

 

悪評の多くはこの餌の切り替えに失敗している人たちの口コミが多いように思えます。

 

 

理由2 チキンにアレルギーがある

 

カナガンドックフード 食べない

前述したように、カナガンの主原料はチキンです。

人間と同じように犬も当然のことながら好きなもの嫌いなものがあります。

 

当然、チキンに抵抗がある犬もいるでしょう。

そういった犬は当然のことながらカナガンを食べません。

 

カナガンを購入する前に自分の家の犬が何を好むかどうかをしっかりと把握することがドックフード選びで失敗しないポイントになります。

 

 

まとめ

 

カナガンに変えたら、愛犬の体調がとか下痢や嘔吐などいろいろ書かれてますが、

保管方法や愛犬のアレルギー等、飼い主の無知によるものが多いような気がします。

 

犬は本来肉食動物ですから、穀物が不要です。

その不要な穀物を主原料とするドックフードから肉を原料とするドックフードに切り替えるわけですから、当然慣れるまでに時間がかかりますよ。

 

家の愛犬のミニチュアダックスはカナガンに切り替えてから目ヤニが減り、鼻先と胸のハゲがなくなり、毛艶もよくなってきました。

 

飼い主がドックフードの知識をしっかり身につけることでカナガンはいいドックフードになりえるものと私は思っています。

 

 

⇒カナガンをチェックしてみる